<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
都市日記〜maizuru 進行中!
来週11月6日(金)にせまった、演劇発表公演「都市日記〜maizuru」の創作が、10月30日よりスタートしました。

参加している俳優やスタッフ、地元関係者などと一緒に、まずは演劇の素材あつめの取材&フィールドワークから始まりました。初日の30日には、みんなで引揚記念館に行ったり、それぞれが気になる場所(夕潮台公園や五老岳、商店街など)へ行き、聞き取りをしたり描写をしたりしました。

夕方には、会場となる赤れんが倉庫(2号倉庫)での、レポート(報告会)を行いました。

e0183642_157165.jpg


e0183642_1575127.jpg



11月6日の公演もお楽しみに!
[PR]
by maizuru-rb | 2009-10-31 15:08 | RBイベント情報
踊りに行くぜ in 舞鶴。MOSTRO下見&SPA!
去る10月17-18日に「踊りに行くぜ!! in 舞鶴」に出演する、齋藤亮さん率いる「MOSTRO」メンバーが舞鶴赤れんが倉庫の下見と稽古のため、来舞しました。
二日間の短い滞在でしたが、赤れんが倉庫と東体育館でばっちり稽古をされていました。
会場の赤れんが倉庫(7号倉庫)では、美術家・小山田徹さん監修の展示「浮遊博物館」が開催中。MOSTROの作品は、それを背景に踊るという、贅沢なシチュエーションです。
独特の雰囲気の中、小山田さん作品を舞台美術に、どのような舞鶴オリジナル作品が生まれるのか、楽しみです。

e0183642_312346.jpg

「浮遊博物館」の中に立つ、MOSTROメンバー


そして、これまで10年の歴史を重ねてきた、Japan Contemporary Dance Networkの「踊りに行くぜ!!」が、週刊誌「SPA」で取り上げられました!
舞鶴では今回初開催となりますが、「踊りに行くぜ」は、今年10周年。北は北海道、南は沖縄まで、全国各地で開催され、コンテンポラリー・ダンスという新しいジャンルの芸術表現の領域を拡げてきました。その評価が、全国誌「SPA」の最新号(11/3号:117ページ)でも取り上げられています。ぜひご覧ください。

e0183642_3273562.jpg

[PR]
by maizuru-rb | 2009-10-27 03:08 | RBイベント情報
浮遊博物館開催中!アート&クラフトフェスタ!
10月17日(土)、美術家の小山田徹さんが監修する、まいづるRB/MAIZURU RB初の美術展「浮遊博物館」がスタートしました!

10月17日18日の週末は、赤れんが倉庫群一帯でアート&クラフトフェスタも開催されていました。
そのおかげもあって、「浮遊博物館」は初日二日間で1,000人の来場者を超えました!

e0183642_22242086.jpg

アート&クラフトフェスタの様子。
全国から集まった手作りの品々。アクセサリーや陶器、木工家具などのお店が出店するほか、舞鶴市内のお店によるフードコーナーなど。たくさんのお店が立ち並び、大勢の人で賑わっていました。


そして、10月18日(日)には、舞鶴赤れんが倉庫で「全国アートNPOフォーラム in 舞鶴」を開催。11月6〜8日にも同フォーラムが開催されますが、その前哨戦!
フォーラムのパート1では、「NPO法人 三国湊魅力づくりPJ」の吉村さんによる福井県の三国湊のまちおこしの事例を聞きました。ジェラート屋さんにはじまるまちの人の熱意のストーリーは、とても参考になりました。
パート2では、赤れんが倉庫のこれまでの活動を振り返り、今後どのような活用が期待されているのか、参加者の皆さんとの意見交換を行いました。舞鶴市在住の方をはじめ、宮津市や福知山市、大阪府、千葉県など、様々な地域の方にご参加いただくことができました。

e0183642_22325482.jpg


フォーラムの様子@浮遊博物館
[PR]
by maizuru-rb | 2009-10-21 22:21 | RBイベント情報
「浮遊博物館」いよいよ開幕!
まいづるRB、初の美術展、小山田徹さん監修による「浮遊博物館〜海へつながる物たちへ」の展示がいよいよ明日オープンします。

今日の準備は最終段階。100年も前の倉庫の小扉が開かず、急きょ、特別のドアを設営しました。
e0183642_118541.jpg


今回の展示の偉大な助っ人。大工さんの職人力はすごいです。
e0183642_1201591.jpg


そしていよいよ、展示完了!
展覧会前に覗きに来てくれた赤煉瓦倶楽部スタッフや舞鶴市役所の方々は、みんな口を揃えて「すごーーーい!」「こんな使い方は、これまでになかった」とお褒めの言葉にほっとします。
e0183642_1243377.jpg



舞鶴のお近くの方も遠方の方も、ぜひ一度いらしてください。
明日明後日の二日間は、アート&クラフトフェスタも同時開催されていますので、そちらも楽しみながら、お立ち寄りください。13時からは小山田さん本人によるアーティストトークと、都市社会学の専門家・山田創平さんとの対談もあります。
[PR]
by maizuru-rb | 2009-10-17 01:27 | RBイベント情報
「都市日記〜maizuru」松田正隆さん下見
10月14日に舞鶴赤れんが倉庫(2号倉庫)で上演する演劇作品「都市日記〜maizuru」(11月6日に上演)の製作の下見のため、劇作家・演出家の松田正隆さん&スタッフ・俳優の皆さんが、舞鶴に下見に来られました。

本作では、ワークショップという枠組みで、松田さんが10月末から舞鶴で約一週間の滞在制作を行い、作品を創作・上演します。舞鶴でよく知られる、地元の観光バスガイドボランティア「けやきの会」のガイドの方にもご参加いただき、作品づくりを進めています。
この日も、けやきの会の出口時子さんと一緒に、舞鶴の町をバス巡りし、ガイドをしていただきました。その様子を、撮影班が撮影・録音していきます。記録された映像や音声も、演劇公演の舞台の中で使われます。


e0183642_5423210.jpg

西舞鶴の高野川沿いの倉庫群を解説する出口さん。
この地域はもともと田辺城の城下町で、当時この高野川河口付近には、廻船問屋の倉庫群が建ち並んでいました。

e0183642_5474830.jpg

引揚桟橋にて見学と撮影の様子。
舞鶴が戦後に担ってきた引揚の港の歴史やそれにまつわる人々のエピソードを語る出口さん。

e0183642_5504671.jpg

演劇発表の会場となる舞鶴赤れんが倉庫(2号倉庫)の下見をする松田さん一行。


俳優の演技や台詞だけでなく、舞鶴の町の映像や町の人々の声も盛り込まれた演劇作品が進行中。
どんな演劇作品が生まれるのか、お楽しみに!
[PR]
by maizuru-rb | 2009-10-15 05:53 | RBイベント情報
「浮遊博物館」展示スタート!
いよいよ10月17日からはじまる、小山田徹 監修「浮遊博物館」の展示が始まりました!

まずは足場を組んでの高所作業と物を吊るすための下準備。
小山田さんの綿密なプランと事前準備には余念がありません。感服です。順調に作業は進みます。

e0183642_7424087.jpg


e0183642_7442859.jpg


この空間にどんな「舞鶴」が立ち現れるのか、お楽しみに!
[PR]
by maizuru-rb | 2009-10-13 07:39 | RBイベント情報