<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
舞鶴の砲台跡
念願の舞鶴市内にある砲台跡に出かけました。
西舞鶴にある建部山・槇山・金岬の3つを一日で。すばらしい道先案内人に導かれて、とても充実したひとときでした。

同行した方々のブログやYou Tubeが、WEBにあがっていますので、こちらもぜひご参照ください。面白いです。

アートNPOリンクブログ
隊長ブログ
旧舞鶴要塞跡の画像写真


写真をいくつか紹介。

e0183642_93649.jpg

「陸界」の標。戦時中の陸軍と海軍の所有する土地を示すもの。これより先は陸軍の土地、といった具合です。こうした印が、砲台跡の近くにはあちこちにありました。

e0183642_9381323.jpg

建部山(通称、丹波富士)の上にある砲台跡。建部山保塁。
この写真は地下倉庫で、砲弾を貯蔵していた場所。
3kmの山道(比較的歩きやすいハイキングコースです)を行くと、ふと山頂に出てきます。
この砲台は、なんでも日清戦争のあとに建てられたものだとか。由良川に向かっての布陣であったようです。


e0183642_9421893.jpg

建部山のふもとには、ちょっと変わった神社も。屋根の反り方、特徴的ですよね。


e0183642_9431813.jpg



e0183642_9472048.jpg

続いて、車ですぐ横まで乗り付けられる、槇山砲台。
ちかくにはパラグライダー場やNHKの鉄塔もあって、比較的よく人も出入りしている場所のよう。
倉庫の中には、ゴミがあちこちに散らばっていました。


e0183642_9512417.jpg

続いて訪れた金岬砲台跡。
険しい山道の先に突如現れた門柱に一同びっくり。この規模はなかなか。
敷地内には、玉石があちこちにあり、当時のビール瓶やインク瓶の破片も落ちていたり。

e0183642_945219.jpg

場所によって、れんが造りのカーブや形が少しずつ違います。
槇山砲台とのカーブの違いも歴然ですよね。

e0183642_9572681.jpg

よくみると、井戸らしき跡と貯水していた場所の跡。
ほかにもトイレ跡のような場所もあり、その規模はとても大きく、当時大勢の人がここに寝泊まりをして、生活をしていたこともよく分かります。

e0183642_9591117.jpg

ここはまさに砲台が乗っていて、舞鶴湾の外を狙っていた場所。いまは木々が生い茂って、その先の海までは見えませんでした。

e0183642_100650.jpg

少し高台の場所にはこのようなものが。見張台の跡、かな?


その道のりが険しいこともあってか、ここには、人の踏み入れた跡がほとんどないところでした。
同行した方の「清潔感がある」という言葉がしっくりきました。「不気味で暗い場所」とも言える廃墟ではあるのですが、どこかに清潔感や人の匂い(それは決して嫌な匂いではなくて、活気ある人間味とか生活感のようなもの)というのが感じられる不思議な場所でした。
ここにはかつて戦時中の人の往来があったのだと、ひっそりとした、まさに「遺跡」のような場所で思い耽りました。
[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-24 00:03 | 見所&お店紹介
オーケストラアンサンブル金沢
9月21日(月祝)、シルバーウィーク真っ盛り。秋の晴天に恵まれました。
舞鶴市総合文化会館で行われた、日本国内でも指折りのオーケストラ、「オーケストラ・アンサンブル金沢」の演奏を聞きに行きました。
オーケストラを生で聞くのは何年ぶりか。とても心地よいコンサートでした。

指揮者の井上道義さんは、2007年からアンサンブル金沢の音楽監督とのこと。
丁寧で面白い曲解説は、きっと井上さんお馴染みの技。演奏の素晴らしさはもちろんのこと、その人気の所以かな、と思いました。グノー、メンデルスゾーン、モーツァルトと幅広い選曲。まるでひとつのダンス作品を見ているみたいな井上さんの軽快で表情豊かな指揮は見応え聞応えありました。
今回の演奏会の目玉、郷古廉(ごうこ・すなお)さん。1993年生まれの19歳。すばらしい演奏でした。いま最も注目されている若手ヴァイオリニストの一人。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、すばらしかったです。


舞鶴市総合文化会 入口。
e0183642_23402287.jpg



アンコール曲は二曲。二曲目の「プリンク・プランク・プレンク」は、弦楽器を手ではじいて、可愛い軽快さが印象的でした。
e0183642_23431624.jpg

[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-21 23:46 | アート情報
今日は化石採集を。
昨日までの採集ワークショップのため来舞中の小山田さんらと、舞鶴市の隣町・福井県高浜町まで化石採集に出かけました。ゆったりとした湾に囲まれた最高のロケーションでした。

e0183642_19382556.jpg


葉っぱの化石。
e0183642_1939586.jpg


写真では見にくいですが、、、ちいさーい貝殻の化石。
e0183642_19404541.jpg



この場所の近くには、五色山公園匠の美術館・芸術の森があります。
作家が滞在をして、作品をつくることができる施設とのこと。今後RBとも絡んでいきたいところです。今日は休館日だったので、また今後行ってみたいと思います。
その中には、みかん園がありました。
e0183642_19413844.jpg



化石採集に熱中して、気づけばもうお昼すぎ。はや4時間近くも作業していました。
お腹もすいて、高浜町のラーメン屋さん「秦秦」へ。
e0183642_19462118.jpg


白玉ラーメン。キムチめんまを乗せるとさらに美味でした。
e0183642_19445537.jpg



化石のいくつかも、「浮遊博物館」で見れるかも?!こちらもお楽しみに!!
[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-14 19:48 | RBイベント情報
海辺をめぐる採集ワークショップ [大浦半島編]
10月17日〜12月20日に舞鶴赤れんが倉庫(7号倉庫)で行う、小山田徹 監修「浮遊博物館」の関連ワークショップ「海辺をめぐる採集ワークショップ」を行いました。

午前中は少し雲行きが怪しかったものの、午後には秋晴れとなりました。
今日は大浦半島をめぐる一日。海辺で拾う漂着物を「浮遊博物館」では展示します。
舞鶴の海にはどんなものが流れ着いているのか???


ワークショップの最初は、参加メンバーの自己紹介と京都精華大学の山田創平先生のレクチャーから。
舞鶴には南方系の人々や文化が入ってきているのが特徴。舞鶴付近の海流や、この地域の断層の地図を見ながら、土地の特徴をつぶさに見ていきます。
単に展示物となる漂着物を拾うことだけでなく、その土地にどんな歴史的・地理的特徴があるのか、どんな事象がここでは起きていたのか、そんなことを知って物を拾うことの趣きや楽しみ方がこのワークショップでは重要です。

e0183642_18521414.jpg

レクチャーをする山田先生。


レクチャーの後、いよいよバスに乗って出発!
最初に降りたのは、関西電力のPR館「エル・マールまいづる」のある舞鶴親海公園。
大勢の釣り客で賑わっていました。
ここからは、いまでは関西電力の施設が建ち並ぶ浦入地区の入江がよく見えます。浦入地区は、日本最古級で最大の縄文丸木舟が発見された場所!このサイズの舟があれば、大陸にも渡れたというほどです。この土地に、豊かな人々の生活があったことを想像します。

e0183642_18573374.jpg

舞鶴親海公園で、この地域の説明をする小山田先生(真ん中)。


関西電力の施設横を通りながら、博打岬(ばくちみさき)へ。
このあたりの瀬崎海岸は、白い礫(花崗岩)と黒い礫(閃緑岩)がくっきりと分かれています。
地質図を見てみても、歴然。ちょうどこの海岸のあたりに断層の境目があるのです。
昔、神様がこの海岸の石を使って囲碁をした、という伝説もあるぐらい。

瀬崎海岸には、さまざまなものが落ちていました。
ペットボトルにカップ麺の空容器。ビーチサンダルにボール、浮き。流木や石、貝殻。漁具や水筒や網。。。そこには何の脈絡もなく、人工物も自然物も、ただただいろいろなものが落ちています。

一見すると、美化活動のよう?!
e0183642_18583441.jpg


山田先生が見つけた、きらきら透明の石。
e0183642_1972098.jpg


参加者の方が見つけた、ライフジャケット。よく見ると、中国語の文字が。
e0183642_198348.jpg


採集物を積み込むのも一苦労。
e0183642_1983444.jpg



それから、一行は、林道を通って、竜宮浜へ。
途中の展望台で沖を眺めます。

ここからは、博打岬の向こう、丹後半島もよく見えます。
e0183642_19121541.jpg



竜宮浜に到着。アンジャ島まで歩いて、冠島の信仰について、山田先生のレクチャーを。青葉山信仰と冠島の向こうの海の信仰の話。そして、アンジャ島から先に続く磯葛島や沖葛島がそのまま、かつて砂岩で連なって、博打岬まで続いていたそう。まるで天橋立のように、海底にはそのまま岩岩が連なっているそうです。

沖のずーっと先にある冠島を指差す小山田さん。右手前はアンジャ島。
e0183642_19144211.jpg



帰り道は、21号線を通って、舞鶴市政記念館まで。
海岸線を通った行き道と比べて、あっという間に戻ってきました。

これら拾ったものたちが、赤煉瓦倉庫にどのように展示されるのか?10月17日からの展示をお楽しみに!!
[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-13 21:31 | RBイベント情報
採集ワークショップならぬ、、、
本日(9月12日[土])予定していた、小山田徹さんの「浮遊博物館」関連ワークショップ「海辺をめぐる採集ワークショップ」は、雨のため、中止となりました。
明日(9月13日[日])は予定どおり、13時から、山田創平さんのレクチャーと大浦半島めぐり&海に関係するものを拾い集めるワークショップを行います。



今日は一日、舞鶴市内の雨あしも強く、あいにくワークショップは中止となりましたが、講師の小山田さん、山田さんは予定どおり来舞。雨の中、別の舞鶴探索をしました。


まずは、記念すべき第一回RBブログにも登場した中舞鶴の坂根食堂さんへ。
今回は、カレーうどん、食べてみました。出汁が効いていて美味しかったです。
e0183642_21414161.jpg



その後、これまで行く機会を逃してしまっていた海軍記念館へ。
舞鶴自衛隊の総監部内にある、海軍博物館は、舞鶴の鎮守府・初代司令長官であった東郷平八郎の記念品や舞鶴海軍に関する資料などが、展示されています。
もともと赤レンガの建物だった記念館は、海軍機関学校の講堂だった場所だとか。

海軍記念館。砲弾をかたどった白い柵が印象的。
e0183642_21454059.jpg


舞鶴海上自衛隊の総監部や学校の建物が敷地内にはあります。
きちっとしたシンメトリーのモダンな建物。颯爽とした雰囲気です。
e0183642_21494650.jpg


そして、引揚記念館へ。小山田さんも山田さんもすでに舞鶴には何度も足を運んでいただいているのですが、引揚記念館へ行くのは今回が初めて。
大陸からの引揚者の記録物や資料が展示されています。広島や長崎とも違う、大陸に向かった大陸を迎えた日本の戦争の特徴がよく分かります。
e0183642_21514482.jpg


最後に、以前にも訪れて、その集落の在り方に感動をした「成生(なりう)」に行きました。
大浦半島の先にある若狭湾に面した集落で、船屋のある漁村です。山田さんは今回が初めての成生。
写真右手に少し見える、オレンジ色の土塀の蔵が、成生では印象的です。
e0183642_2205038.jpg


集落の奥には、神社とお寺。
e0183642_222256.jpg


集落を過ぎると、畑へと続く道が突然拓けます。
雨がアスファルトをきらきら照らします。
集落の畑は、みんなのもの。キレイに手入れされていました。
e0183642_2235158.jpg


配電盤にかぶせたカサ。ぎざぎざと色がかわいいです。
e0183642_226619.jpg


道を歩きながらふとひらけてくる、海の風景がすばらしくキレイでした。
山腹にある小さなほこらにお参りして、その後、雨も少しずつ上がってきました。
e0183642_228899.jpg


成生の集落を海辺から眺めます。よくみると、船屋が並んでいます。
成生の海の水はとてもキレイ。海岸すぐの5〜6メートル下の海底までにくっきりと見えます。
e0183642_2294848.jpg



舞鶴の海の歴史と地誌を知る、充実した日でした。
明日の大浦半島にまつわるレクチャーとワークショップもお楽しみに!
[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-12 22:17 | 見所&お店紹介
小山田さん打合せと五老岳の秋
9月8日。京都市内にある小山田徹さんのアトリエ兼事務所に打合せに行きました。
小山田さんのアトリエは、建築家やデザイナーなど、いろいろな業種の職業をもつ方々の共有スペース。何気なーく、でもきちんと組み立てられた事務所の雰囲気がとても落ち着きます。無駄なスペースもなくて、機能的。無理がなくてのびのびとした雰囲気づくりは、空間から。見習いたいです。
今年秋に舞鶴赤れんが倉庫で行う「浮遊博物館」の打合せもはかどりました。

e0183642_6542536.jpg


e0183642_6544161.jpg




9月9日。久しぶりに舞鶴の五老岳に登りました。
晴れた秋空の美しい日でした。雲の合間からの光が神々しいほどに。
京都府の北部の山々がずーっと先まで見えました。

e0183642_6563465.jpg


e0183642_6564861.jpg

[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-10 06:48 | 見所&お店紹介
音楽ワークショップの終了
9/5,6の二日間、東京在住の音楽家・作曲家の港大尋さんによる音楽ワークショップ「はじまりのリズムを探そう!」が無事盛況のうちに終わりました。たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

アフリカの打楽器、ジャンベをつかって、原初的な音のリズムを体験!
いくつかのリズムをあわせて合奏したときの心地よさを、身体全身で感じます。
e0183642_2242194.jpg



続いて、まいづる智恵蔵に展示されている縄文丸木舟や古代の石器、鏃、縄文土器などを見学します。
アフリカの太鼓が作られたのと、同じような時代、約5000年前の人々の生活を想像します。
石器で動物の皮をなめすときにはどんな音がしたんだろう?石器でモノを叩くときには、大きな音が辺り一面に響いていたのかも。縄文土器にある縄目の文様には、どんなリズム(パターン)が隠されてる?
古代の生活の遺物を見ながら、そこにあった音と人々の思いを想像します。「それらは今はもう残っていないものだから、空想でしかないのだけれど、それを考えることはとても重要だと思います」と港先生。
e0183642_612594.jpg



今度は、楽器を離れて、世界のいろいろな場所で生まれた象形文字を、竹ひごの束に墨汁をつけて書いてみます。そこでもまた、昔の人の生活と智恵に思いをはせながら、単純にちょっと変わった文字や絵を真似するのは楽しいものです。
絵や文字を書く筆と、太鼓を叩くバチは、両方とも一本の木から出来ていたはず。生活の中の、音を作るものと、絵を描くものの起源は同じで、そこにはやっぱり息づかいのリズムという共通点があるんじゃないか。。たとえば、書道なんかでも呼吸がとても大事でしょ。港先生の仮説にふむふむ。
e0183642_6205365.jpg



竹ひごの束をバチに見立てて、太鼓の音にあわせて、ばちばち絵を描いたりもしました。
そして最後には、再び打楽器を使ってみんなで演奏。港先生が取り出した、沖縄の三線とギターで、弦楽器の違いも知りながら、アフリカや沖縄の独特のリズムの音楽をみんなで合奏しました。
e0183642_624418.jpg

[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-07 22:40 | RBイベント情報
音楽ワークショップ一日目終了!
まいづるRB 音楽ワークショップ「はじまりのリズムを探そう!」の一日目が終了しました。
アフリカの打楽器を叩いてみることと、竹ひごと墨を使って絵を描くことと、その二つが大きなメニュー。
身体全体を動かして、リズムを感じよう!
9/6の10時からも二回目を行います。まだ定員に多少の余裕がありますので、興味のある方はぜひいらしてください!

http://maizuru-rb.jp/program_09child.html
[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-05 22:49
いよいよ秋です。
9月に入って、急に涼しい秋風を感じる舞鶴です。
秋はまいづるRBの催しが目白押し!うきうき楽しみなのはもちろんのこと、これから山積みの仕事にぞっとしつつ。。

この夏の舞鶴の思い出写真です。

8/14の城屋の揚松明(あげたいまつ)。この地域のお祭りは素晴らしかったです。
村祭りといった小さい集落のお祭りながら、その規模とお祭りの内容の充実さといったら、こんなお祭りみたことない!というぐらいのものでした。

城屋の雨引神社の祭礼として、毎年8月14日に行われているとのこと。
境内広場の中央に立てられた柱の大松明に、小さな松明を投げ込んでいき、最後には火柱が燃え上がり、それが雄大さとともに倒れていく、、、そしてお祭り終了です。


e0183642_1994630.jpg

祭りの中心は、この地域(綾部辺りから参加している人もいたみたい)の若者衆の男たち。
まずは、お祭りの前に社前を流れる「高野川」でみそぎを済ませて、柱松明に投げ込む小さな松明をたくさんつくります。


e0183642_19042100.jpg

小松明を両手にもって、青年たちが柱松明へと向かいます。


e0183642_1962716.jpg

写真上に見えるのが、柱の上のおがらの束。そこに小松明を投げ込んで、火を大きくしていきます。
歓声とともに火が投げ込まれます。なかなかはじめはうまく行きません。小松明も十分な重みがああるわけではなく、遠い距離、上に投げようとすると、どうしても途中で風に煽られてしまいます。


e0183642_1984022.jpg

火の粉がきれいに舞い上がります。


e0183642_1911683.jpg

いよいよ柱松明に火がついて、大きく燃え上がります。


e0183642_1912431.jpg

観客たちも圧倒的な火の力に大興奮。燃え上がる柱の火の中には、なにか神仏が見えてきそうな(柱の燃える黒い影がそんなイメージを醸し出します)、とても神秘的な時間と空間です。
あちこちで携帯カメラがぱしゃり。
このあとに、柱は大きく川の方へと倒れます。その倒れた方角で昔は豊凶を占ったとか。
燃えついた後のおがらや葦を、みんなお守りに持って帰ります。

愛宕信仰とも関係する柱松行事が、城屋では、雨乞いと習合して、独自の氏神の祭礼行事になったそう。
このお祭りに立ち会う間の時間というのは、なにものにも代え難い、ハレと神秘の時間でした。

たとえば劇場でなにか時間の経過を楽しむような行いにも通じる、いやむしろ、劇場空間とか時間芸術いうものが問い直されるような。。。そんなことをずっと考えながら、祭礼のときを楽しみました。

来年もまた見てみたい!
[PR]
by maizuru-rb | 2009-09-01 19:20 | 見所&お店紹介