カテゴリ:RBイベント情報( 78 )
ロニータ=ムカルジーさん in 舞鶴
舞鶴に滞在中のダンサー・振付家、ロニータ=ムカルジーさんの舞鶴滞在日記です!
インドからやってきたロニータさんは、舞鶴では約3週間の滞在をし、日本人パフォーマーの山口惠子さんとともにダンス作品をつくっています。

ここ数週間の活動をご紹介します!

日頃は、八島商店街の八島アートポートで打合せや作業をしたり、簡単な身体を動かすストレッチをしたりしています。手前左がロニータさんと山口さん。
ちなみに、、右奥は「種は船」の図面をみながら話をしているところです。
e0183642_125379.jpg


3月1日には、舞鶴市上安にある「笑々のかくれ家」で、インドの古典舞踊を披露していただきました。急な告知にも関わらず、総勢60名以上の方にお越しいただきました。
e0183642_126486.jpg


踊りのあとは、インドの説明や古典舞踊の説明を。写真をつかいながら。質問もたくさんでました。
e0183642_1293822.jpg


3月2日には、城北中学校でのダンスワークショップとインドについてお話をする授業を行いました。
e0183642_1303233.jpg


インドの文化や宗教など、さまざまな生活に関する説明&質問のあとは、身体を動かすワークショップ。一人一人の名前を自己紹介しながら、名前のリズムにあわせた振りをつけていきます。
e0183642_1311856.jpg


インド古典舞踊の基本、手を使った動きをみんなでまねました。
e0183642_1323286.jpg


同じく3月2日には、西舞鶴の特別養護老人ホーム「グレイスヴィルまいづる」で、振付家・ダンサーの砂連尾理さんのワークショップが開催。そちらにも参加しました。
影と鏡をつかった砂連尾さんのワークショップのあとは、合気道や武術についてお互いに習いあったりしました。
e0183642_1325758.jpg


3月8日には、京丹波町にあるとーっても素敵な日本家屋「みつぼし庵」さんでも古典舞踊を披露しました。こちらはみつぼし庵さんの表玄関。かわいらしい佇まいです。
e0183642_1342864.jpg


こちらでも踊りのあとに、インド舞踊独特の手の動きをレクチャー。
舞踊とレクチャーのあとには、おいしいしし鍋もいただきました!
e0183642_1355578.jpg


そして、3/18、3/23,24に向けても日々稽古を続けています。
こちらは赤れんが倉庫での練習の様子。
インドの武術(マーシャルアーツ)であるカラリパイヤットの型をやっているところです。
ロニータによれば、踊りの稽古の始めには、必ず、この型を行うそう。インドのコンテンポラリー・ダンス(現代舞踊)はこのカラリパイヤットが元になっているということで、西洋のそれがバレエから派生していることとは大きく異なる、ということです。
e0183642_1365843.jpg



まずは、3月18日(日)のまいづる智恵蔵での上演をお楽しみに!
[PR]
by maizuru-rb | 2012-03-11 01:41 | RBイベント情報
インドからのレジデンス・アーティスト発表公演in舞鶴
まいづるRBでは、神戸のNPO法人DANCE BOXさんとの共同プロジェクト「DANCE BOX Residency Program 2011」を行っています。

舞鶴と神戸で約40日間、世界中からの公募で選ばれたダンサー・振付家のロニータ=ムカルジーさんが滞在して作品創作を行います。

アーティストが一定期間、普段とは違う場所や環境で作品を創作する「アーティスト・イン・レジデンス(滞在制作)」。今回の舞鶴と神戸のプログラムでは、インドのバンガロールにある「アタカラリ・ダンス・カンパニー」のメンバーとして活躍するロニータ・ムカルジーさんと、関西を中心に活躍する俳優/パフォーマー/演出家の山口惠子さんの二人の共同制作を試みます。

アウトプットの発表は、神戸・新長田のDANCE BOXさんで3月23,24日に開催。
それに向けて、舞鶴では途中段階の発表を3月18日(日)15〜16時の一時間、まいづる智恵蔵にて行います。

ーーー
日時:2012年3月18日(日)15時スタート
場所:まいづる智恵蔵(舞鶴市北吸1039-12/舞鶴市役所横)

演出・出演:ロニータ=ムカルジー、山口惠子

内容:
1) ロニータ=ムカルジーによる、インド古典舞踊
2)ロニータ=ムカルジーによる現代舞踊作品
3)ロニータ=ムカルジーと山口惠子による、新作発表

料金:無料(予約不要ですので、当日会場にお越しください)
ーーー

チラシはこちら
↓↓↓↓↓
e0183642_1162696.jpg

[PR]
by maizuru-rb | 2012-03-11 01:20 | RBイベント情報
RBクリスマス会を行いました!
12月17日(土)yashima art portにて、RB&種は船クリスマス会&忘年会を行いました!!

これまでのワークショップ参加者の皆さんを中心に大勢の方にお集りいただきました。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

少しだけ写真を紹介。

Kさん手作りの「ブッシュ・ド・ノエル」。特製のTANEFUNEクッキーもトッピング!
めちゃめちゃ美味しかったです!!!
e0183642_2101294.jpg


みんなで持ち寄りのプレゼント交換をしました。曲にあわせてぐるぐる回して。
たくさんのプレゼントです。
e0183642_217847.jpg



楽しい時間を過ごすことができました!!
[PR]
by maizuru-rb | 2011-12-18 02:19 | RBイベント情報
由良川〜加古川をめぐるキャンプツアー
7月17日〜18日の二日間、由良川〜加古川をめぐるキャンプツアーを行いました。

アーティストの小山田徹さんと社会学者の山田創平さんを講師に招いての一泊二日の旅。総勢20名のバスツアーです。

スタートは神崎海岸から。
昨年はここ神崎で小学生対象のアートキャンプを行いました。
海岸からこの地の信仰の対象となる「冠島」を眺めます。
川と海と山と島、人々の信仰は古くから根付いています。
e0183642_091216.jpg


由良川河口、舞鶴と宮津にかかる橋は80年以上も前につくられたもの。
いまでも多くの橋ファン、列車ファン(KTRがここを通る様は素敵です)を虜にする橋です。
e0183642_0104843.jpg


由良川河口を後にして、最初は大江町にある元伊勢神社へ。
参道の商店の様子が窺われます。
元伊勢神社と呼ばれる神社はたくさんあり諸説あるとのこと。
e0183642_0121448.jpg


月(月形)と太陽(丸)の形に抜かれた灯籠。
舞鶴市内や近郊の神社でよく見かけます。
これは海と関係している印。大陸からやってきた「海人(あま)族」の印とのこと。
e0183642_0135584.jpg


元伊勢・皇大神社の信仰の対象となっている山。
美しい三角を神社の横の山道から眺めることができます。
e0183642_0192237.jpg


天岩戸(あまのいわと)神社の雰囲気は一段とすばらしかったです。
e0183642_021367.jpg


川のせせらぎと、大きな岩が幾重にも重なる場所。
e0183642_0225210.jpg


途中の小山田さんのおススメ場所は、三ツ塚寺跡。
いまは少しだけ柱や寺のあった痕跡が残るだだっ広い場所でした。
川の近くにかつて大きな寺跡があり、平城京の時代から人々がここに文明を築いていたことがわかります。
e0183642_0275194.jpg


今回の参加者のうち子供は3人。みんな男の子で、ツアー中、昆虫採りにもいそしみます。
e0183642_0315457.jpg


その後、水分かれ資料館をみんなで見学しました。

由良川と加古川の上流部分は、本州一低い分水界(いまは「水分かれ」と呼ばれる地域)で結ばれています。
川同士はつながっていないものの、かつて沼地であった分水界をとおって、多くの生命体や人類が移動をしてきました。
いまでも標高90m強という分水界は平地そのもの。川も穏やかに流れます。
分水界のある少しの間を陸送すれば、日本海から太平洋までモノや人を運ぶこともたやすいはずです。
実際に日本海でのみ生息する魚が加古川流域で発見されていたり、かつてマンモスが由良川と加古川を移動していたということがわかる遺跡も残っています。


水分れ資料館の横にある神社がまた趣き深かったです。
ここにある灯籠は三つの星と四つの星がモチーフ。これは北斗七星を指すそうです。
北斗七星をイメージする灯籠も「海」の信仰の印。
船乗りたちが海の上で星を目印に航海することからきています。
e0183642_0325059.jpg


その後はキャンプ場へ!
少し休んだ後は、小山田さんによる採集ワークショップを行いました。
キャンプ場をくまなく歩いて、あたりにあるものをピンセットで拾っていきます。
ピンセットでとれるもの(とりたいもの)、小さな区分けされたケースに入るもの、というのが重要。
そうした制約があることで、それぞれに個性的な面白いものが見つかります。
e0183642_0412463.jpg


これは石に注目したコレクション。
e0183642_0435821.jpg


こちらは山田創平さんの緑のコレクション。美しい!
e0183642_0443069.jpg


みんなで拾ったときの気持ちや一番のお気に入りを紹介。
e0183642_0451229.jpg



そして夜ご飯タイム。
辺りが暗くなってきて、写真はないのですが。。
みんなで美味しいカレーライスとサラダをつくりました!
そして深夜まで小さな明かりを囲んでのおしゃべりタイムが続きました。


二日日はあいにくの雨となりましたが、まずは加古川を下りながら「日本へそ公園」へ。
横尾忠則さんの作品がある岡之山美術館は科学館を見学。

子午線の交わるポイントのすぐ横に「日本へそ公園」駅があります。
ここからは、日に何本しかないローカル線に乗り込みます。
e0183642_04636.jpg


西脇駅から加古川駅までのJRには、横尾忠則さんのY字路の絵が描かれた車両が!
しかもなんとなくこういう車両に描かれる絵は珍しいような、、夜バージョン。テンションUPです!
e0183642_049125.jpg

e0183642_0485822.jpg


加古川駅を降りて向かった「生石(おうしこ)神社」。
今回の旅を通じて「石」が地名につく場所が多かったのは気のせいではないような。
ここも「石が生まれる」という名にふさわしく、辺り一帯は石の採掘場だらけ。
そして驚く大きさの巨石をご神体とする信仰がありました。
前日に訪れた天岩戸神社との妙なつながりも感じます。
もともと「海人族」の人たちは「石」に対する信仰が強いそうです。
移動の民である自分たちと対照的な、いつまでも変わらない不変のもの、固く地に根ざしたものとしての「石」に対する思いが強かったそうです。

あまりに大きくて写真におさまらない石のサイズ。。
少し浮いたように見えるのはまるで現代彫刻の妙です。
e0183642_0505238.jpg


ご神体の石を上から見た図です。
e0183642_0544151.jpg


神社の上をどんどん登っていくと、石の山の頂上に。
加古川の河口、瀬戸内海が見えました!ここでみんなのテンションもMAXです。
子供たちもあたりを興奮して眺めます。
海の向こうに小さな島が見えます(写真の右奥のあたり)。
「上島」という名の島。まるで、由良川河口から見える「冠島」と対になるような形でそこにありました。
言われてみると、形もちょうど「冠島」を反転させたような形です。
e0183642_0555649.jpg


そしてラスト。台風が近づく気候の中、風も強まってきましたが、加古川河口を高砂の海浜公園から眺めます。ここからは大型の貿易船や工場群が見えました。
e0183642_0581788.jpg


二日間の旅は「海人(あま)族」の足取りを確かめるような旅でした。
大陸からやってきたとされる「海人族」の人たちが舞鶴に関わりがあるということは史実からも明らかです。
移動の民たちがどのように海や川を渡り、行き来し、そこでどんな景色や信仰を見たのか。
それをまさに肌で感じる旅でした。
[PR]
by maizuru-rb | 2011-07-21 00:05 | RBイベント情報
由良川〜加古川ツアーの下見に行ってきました!
昨年から温めていた企画、「由良川〜加古川をめぐるツアー」の下見に行ってきました!

一昨年の「浮遊博物館」や昨年の「海辺をめぐるアートキャンプ」でお馴染みの小山田徹さんと、社会学者の山田創平さんとの新企画です。
今年7月18日(日)19日(月祝)の二日間、一泊二日で、舞鶴に河口をもつ由良川と瀬戸内海に流れる加古川に沿って、舞鶴から加古川を目指すアートキャンプを行います。
由良川と加古川は、日本一低い分水嶺をはさんで流れています。二つの川の上流が重なるその地域は、かつて湿地帯で多くの生命体が行き来していたことが実証されています。
由良川と加古川のラインを結んで日本列島を眺めると、本州を横断する歴史的・文化的にも新しい視点が生まれます。

そんな川や海の視点を見直す企画が「由良川〜加古川をめぐるツアー」です。
参加者募集や企画詳細のお知らせは、まもなくwebとチラシで行いますので、お楽しみに!

舞鶴市〜福知山市〜丹波市の道路沿いを由良川が流れています。
e0183642_071411.jpg


本州一低い分水嶺(分水界)のある地域の写真です。
e0183642_081358.jpg


真ん中の「水分れ(みわかれ)」の地域を流れる川を境に、右手に降る雨は加古川を通って瀬戸内海に、左手に降る雨は日本海の由良川へと流れます。
e0183642_091078.jpg


これが水分れの川。
e0183642_0102517.jpg


加古川です。丹波市から西脇市を通って、加古川市へと続きます。
e0183642_0105481.jpg


「日本へそ公園」の駅から眺めた加古川です。
ツアーでは、子午線の通るこの公園にも行く予定です。
分水界が低いため、由良川も加古川もゆったりとした流れが特徴です。
古くから人もモノもさまざまな生物も、この川を通って往来していたことでしょう。
e0183642_0113312.jpg

[PR]
by maizuru-rb | 2011-05-23 17:58 | RBイベント情報
ハートマーク♥ビューイング、急きょ開催決定!
以前、ブログでもご紹介しました、東日本大震災復興支援活動「ハートマーク♥ビューイング」をまいづるRBでも急きょ開催決定!

日比野克彦さんが「種は船 in舞鶴」の打合せのため舞鶴入りされるのを機に、日比野さんご自身が4月〜5月にかけて東北地方の避難所をまわって来られた様子を話していただいたり、ハートマークを作るワークショップを行います。

詳細は下記チラシをご覧ください。

----
日時:2011年5月15日(日)
   15:00〜 日比野さんによる避難所での「ハートマーク♥ビューイング」の報告会
   16:00〜18:00 ハートマークをつくるワークショップ
会場:八島アートポート(yashima art port)
   <東舞鶴・八島商店街/八島通り四条西入る 舞鶴市浜615番地>

※参加無料 ※予約不要
※リサイクル布や道具は会場に用意しています
----

e0183642_1824228.jpg

[PR]
by maizuru-rb | 2011-05-13 11:33 | RBイベント情報
明後日朝顔プロジェクト2011始動!
「種は船in舞鶴」の親企画(?)、「明後日朝顔プロジェクト」が舞鶴で今年も始まります。
昨年は神崎小学校で行い、一昨年は舞鶴市政記念館で行ったこの企画。
今年は赤れんが倉庫群の芝生広場のあたりを拠点にして朝顔を育てます。

もともとは日比野克彦さんが参加されている「越後妻有トリエンナーレ」で出会った出来事をきっかけに、新潟で始まった「明後日朝顔プロジェクト」。舞鶴では、2008年から舞鶴市役所職員の有志の方たちによって始まりました。
いまでは全国で20カ所以上の場所で、各地で芽を出して収穫された朝顔の種がめぐり、植えられています。

今日(5月9日)は、舞鶴市役所有志のみなさんとまいづるRBメンバーで、ポットに種を植えました。

e0183642_050264.jpg


こちらは昨年宇宙に行った貴重な種を投入!
山崎直子 宇宙飛行士が、地球を離れて宇宙の無重力空間に連れて行ってくださった種です。
舞鶴ではどんな色の朝顔が咲くのでしょう?
e0183642_052279.jpg


本日植えた種は、一旦、舞鶴市内の与保呂で農業をされている方のお宅で預かっていただくことに。ビニルハウスの中で大切に芽が出るまで育てていただきます。

5月22日(日)には、ポットからプランターへの植え替えなどを行う予定です。
こちらもあらためてweb等で告知させていただきます!
[PR]
by maizuru-rb | 2011-05-10 00:56 | RBイベント情報
八島アートポート、看板作成!
まいづるRBのオフィス機能とミーティングスペース、情報交流スペースを兼ねて、あたらしく八島商店街に拠点をオープンします。
新しくつけたネーミングは「八島アートポート」。

舞鶴ならではの軍艦の名前がつけられている「八島商店街」という特徴とその場所がすぐ分かるように「八島」。もともとは「たくさんの島」という意味で、古くは神話や中国では「八島=日本」の意だったそう。
広くアート活動の情報交流をしたり、創造的な活動や議論をする場として「アート」。
舞鶴の特徴である「港」は、たくさんの人が出たり入ったりする自由な場所。そんな風にモノや人がたくさん出入りするような場として「ポート(港)」。
それが名前の由来です。

今日は「yashima art port」の看板づくり(色塗り)を行いました。
e0183642_0405656.jpg


色はオレンジのような朱色のような。
e0183642_0402965.jpg


今週中には看板を掲げて、拠点オープンの予定です。
まずは週2日ぐらい、少しずつ活動を開始します。
[PR]
by maizuru-rb | 2011-05-10 00:43 | RBイベント情報
関西広域機構に紹介していただきました!
関西のさまざまな動きを紹介する関西広域機構のポータルサイトKUの「Art&Culture」のコーナーで、MAIZURU RBの取り組みを紹介していただきました。

日本語と英語でご覧いただける貴重な記事です。
2009年の「浮遊博物館」と2010年〜の「種は船in舞鶴」を中心にした海からの視点。
ぜひご覧ください!

日本語版 「地域の可能性をひらく〜まいづるRBの試み〜」
英語版 「Creating Regional Possibilities: The Endeavors of Maizuru RB」
[PR]
by maizuru-rb | 2011-04-15 21:31 | RBイベント情報
3月16日「種は船」イベントの変更のお知らせ
このたびの東北太平洋沖の大地震・災害におきまして、
亡くなられた多くの方にお悔やみを申し上げますとともに、
被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。


先のブログ記事でご案内しておりました3月16日(水)の「種は船」の会ですが、
今回の地震の影響を受け、防災上の理由から、船上クルージングを取り止めとさせていただき、
会場・開始時間・内容を下記の通り、変更とさせていただきます。

ご参加を予定されていた皆様には、ご了承いただきますよう、お願いいたします。

------
日時:2011年3月16日(水)18:00〜20:00

会場:北東アジアアートセンター
(東舞鶴・八島商店街四条通り西入る/舞鶴市浜615番地)

内容:「種は船」プロジェクトについて

※予定どおり、アーティストの日比野克彦さん、五十嵐靖晃さんをお迎えし、
 舞鶴での「種は船」プロジェクトの今後についてお話ができたらと思います。
※また、人と人・地域と地域のつながりを大事にしながら海や船の文化の豊かさを
 伝えることを主旨とする「種は船」プロジェクトとして、今回の大地震をうけ、
 あらためてをそのことを見直したり、なにかアクションを起こせないか、など、
 そんなことも話せたらと思っています。

■事前連絡・予約なしでもOKです。
■会場には駐車場がありませんので、お車の方はマイコムなど、
 お近くの駐車場をご利用ください。
-------


どうぞよろしくお願いします。


まいづるRB/アートディレクター
森真理子
[PR]
by maizuru-rb | 2011-03-14 23:26 | RBイベント情報